エンジニアリングプラスチック

PEEK

学名ポリエーテルエーテルケトン樹脂と呼ばれる高い耐熱性を持つエンジニアリングプラスチック。連続使用温度約260℃。高い機械的強度、滑り性に優れ、耐薬品性(強硝酸、濃硫酸以外)、難燃性、耐剥離性、耐摩擦性、耐放射線性等非常に高い機械的特性を備え、ハイエンド機械や原子力関連部品、航空宇宙産業などに使用されます。

セラゾール PBI

最高耐熱温度(連続使用温度400℃)を持つエンジニアリングプラスチック、最高の耐熱性と機械的特性を保持しています。PBIは高い清浄度が必要とされる工程で優位性を発揮する、イオン不純物が非常に少ない素材です。半導体製造装置部品、航空宇宙産業等様々な分野に仕様されています。

レクサン 9600

難燃グレードPC、一般のPCに比べ更に高い耐衝撃性を持ち、熱変形特性、優れた透明性・透光度を誇る。ゴーグルや観察窓、バイザー等に使用されます。

テックトロン PPS

ポリフェニレンサルファイド(PPS)は結晶性樹脂の一種です。優れた射出成型性と導電性を持ち、スイッチやリレー、コネクタ、コンセント等電子部品に主に使用されます。耐熱性が高く、低収縮率、高耐摩耗性及び耐薬品性が必要な製品(PA、POM、PETP、PEI、PESやPSUでは要求を満たすことが出来ない場合)に利用されます。

タイバー1000

超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)を原料とするプラスチック製品です。耐摩耗性、非常に低い吸水性、低摩擦係数、食品衛生性を備えた高機能素材。マイナス200度下にあってもTivar 1000は優れた耐摩耗性と耐衝撃性を保持しています。

ウルテム

琥珀色のポリエーテルイミド樹脂。耐熱性及び低発煙性、優れた成形性と電気絶縁性を持ちます。広範囲の周波域、温度帯で安定した誘電特性を保持し、熱変形温度は200℃以上、連続使用温度は170℃以上となります。機械特性、加工性、抗化学性、透明性(透過紫外線、赤外線、マイクロ波)に優れています。主にUltem1000が使用されます。

ベスパル

デュポン社が開発した高機能ポリイミド樹脂。高温環境下のバルブシート、シール、絶縁部品等の製造に使用されています。高い耐熱性があり、温度変化が大きい条件下にも高い機械強度、剛性、摺動特性及び耐摩耗性、寸法安定性及び非常に低い線膨張係数を保持します。また難燃性で安定した誘電性を持ちます。

メルディン PI

米国サンゴバン社開発の樹脂素材。Vespelと性能は同等、300℃の高温下で持続使用が可能、また482度でも断続使用が可能です。優れた機械強度、剛性、自己潤滑性を持ち、発動機、医療設備、航空産業、電子機器、オプトエレクトロニクス、半導体設備等高温環境下で使用されます。主なシリーズは7001、7021。

トーロンPAI

ポリアミドイミド、275°C までの温度領域において、優れた機械強度、耐衝撃性、PTFEに相当する耐摩耗性、耐疲労性を持ち、金属部品に代替可能です。射出成型が可能で、幅広い耐薬品性(強酸およびほとんどの有機薬品)があり、ギヤ、ブッシュ、スライダー、マット、締結部品に主に使用されています。